無職のダメ人間が出会い系アプリで出会った人妻はかなりの遊び人でした

仕事を辞めてダメ人間の真っ只中である私には僅かな貯金と強い性欲のみが残されていました。

いつものようにパチンコ店でスロットを打っているとポケットに入れてといたスマホが振動を伝えてきました。

スロットを回しながらスマホに目を向けると出会い系アプリからメッセージが入っており、その内容を見てみると同じ年齢の人妻から「今日の13時から15時の間に会えるならエッチOK」という文だったのです。

私はスロットそっちのけでスマホをさくさくと操作して出会い系アプリに文字を入力していきました。

そして見事アポをとる事に成功し、人妻とエッチできる事になったのです。

幸いな事にスロットで14,000円も勝つ事ができたので、ホテル代は余裕で確保できました。

待ち合わせ場所に到着した私は人妻を車内から探し、目印としていたブランド物のバックを持っている女性を探しました。

その女性を見つけて車を近づけると、その女性も私に気づいて挨拶を交わしました。

私がこれまで交際してきた女性とは程遠い上品な人妻でしたが、ホテルへと到着するとその印象は一変する事となったのです。

ホコリ1つ無さそうな洋服を脱ぐと紫の下着が披露され、しかもパンツはTバックでお尻や太ももには多数のキスマークが付着していました。

後に分かったのですが、この人妻は出会い系アプリでかなりの男性経験があったようで、私もその内の1人になれたという訳です。

そうなれば遠慮などないので、私は少々強引に人妻の体を愛撫していき舌のみならず、歯でも人妻の体をいじめてやりました。

人妻は苦しさと気持ち良さの両方の表情で感じまくり昇天したようです。
30代・男性・無職

出会い系アプリで男を探しセフレ作りする30代主婦

私の夫は仕事が忙しくて私の相手をしてくれないので、バイブを使って自分を慰めていました。

しかしバイブで自分を慰めるのも飽きたので、男性に慰めてもらおうと思い、出会い系アプリを使いだしました。

出会い系アプリには数多くの男性がいて、私の事を慰めてくれたのです。

そんな出会い系アプリで私は、一人の男性と出会ってしまいました。

男性は私の愚痴を嫌がらずに聞いてくれ、いつまでもそばにいてくれました。

出会い系アプリの男たちは大概直ぐに私をホテルに誘ってくるのですが、彼だけはそんな事はせず、私の愚痴を黙って聞き続けてくれたのです。

これまで私はこんな男性には会っていなかったので、何気ない彼の気遣いが私には嬉しくてたまりませんでした。

彼とは何度も会っている内にどんどん私の方が好きになってしまい、或る夜私の方から彼をホテルに誘ってみたのです。

そしたら彼の方が、私をホテルにエスコートしてくれたのです。

ホテルにベッドで彼は、私の体を隅々まで慰めてくれました。

最後に彼が私の中に肉棒を入れてくれたのですが、その快感はこれまでのどの男性たちのモノよりも温かさを感じたのです。

人工物のバイブとは違い、彼の肉棒は如何にも生きていると言う温かさがあり、私のアソコを内側から慰め続けてくれました。

彼の肉棒の温かさに惚れた私は、彼とセフレ関係となり、度々体を重ねる仲となったのです。

セフレが出来てからは、セフレに慰めてもらえるようになったので、夫に相手してもらえなくても寂しくなくなりました。

それどころか私の心はどんどんセフレに惹かれ、今では夫よりも好きになってしまったのです。
「30代:女性:主婦」
 

出会い系アプリのちんこの大きい男性一目ぼれしてセフレになった20代主婦

私は性欲が人一倍旺盛であるにもかかわらず、夫が単身赴任で遠くへ行ってしまい、性欲を処理できず欲求不満状態になってしまいました。

そこで私はいけないと思いながらも、出会い系アプリで男性と会うようになってしまったのです。

出会い系アプリの男性たちは直ぐに私とやってくれ、私は直ぐに性欲を満たす事が出来ました。

初めは出会い系アプリで出会った男性と、一度きりの関係で終わらせていたのですが、ある男性と出会ってからはその男性とセフレ関係となったのです。

私が男性のどこに惹かれてセフレ関係になったのかと言えば、それはズバリ肉棒です。

彼の肉棒は私がこれまで関係を持った男性のどの肉棒よりもたくましく、力強さを感じました。

ですから私は彼の肉棒を始めてみた時に、一目惚れをしてしまったのです。

しばらく彼の肉棒を見ていたのですが、それを過ぎるとしゃぶりたいと言う欲求が湧いて来て、私は無意識に彼の肉棒を口に咥えていました。

それで彼の肉棒が立ったのを確認すると、今度はアソコに入れたいと言う欲求が湧いて来たのです。

そこで私は彼をベッドに寝かせ、馬乗りになって彼のそそり立った肉棒をアソコにむにゅむにゅっと入れたのです。

その後はひたすら上下運動を繰り返し、彼の肉棒をアソコで味わいイキました。

私は彼の肉棒に一目ぼれしてしまったので、これからも彼の肉棒で欲求を満たしたいと思い、セフレに成って欲しいと頼みました。

すると彼は私に頼みを聞いてくれ、セフレに成ってくれたのです。

彼とセフレ関係となってから、私は一目ぼれした肉棒といつも一緒にいる事が出来るようになり、性欲を思う存分満足させられるようになりました。

「20代:女性:主婦」