出会い系で知り合った女性とセックスしたネットの体験談は本当だった

私は彼女いない歴=年齢、素人童貞というモテないアラサー男でした。

そんな私が出会い系で知り合ったOLと出会ったその日にセックスした話をご紹介します。

友人からいろんな女性との交流の話を聞くにつれ、出会いの見つけ方もわからない私はカッコ悪くもいつも嫉妬していました。

そんな折、会社から帰り趣味のネットをしていたときにふと目に入った出会い系の広告が目に入りました。

どうせ暇だし、と暇つぶし程度のつもりでその出会い系を見てみました。

なんだか胡散臭いなぁ、と内心思いつつ、その出会い系の体験談や口コミをネット検索したところ、多数の成功談が出てきました。

中にはどんなセックスをしたか詳細まで書かれていたものもあり、興奮を覚えました。

それでも「こんな体験談、どうせ嘘だろ」と思っていたのが実際だったのですが、「まぁ、ダメ元でやってみていいかなぁ。どうせ暇だし」と思い、見つけた出会い系に登録し、女性のプロフィールを見て、気になった何人かにメッセージを送りました。

私はまだ内心、「どうせサクラなんだろうな」とまだ疑っていました。

しかし、なんとほぼ全員から返信が来たんです。

ただ、残念ながら中には援助交際目的だったり、業者っぽい返信が多かったのも事実です。

そんな中、1人だけ変な言い方ですが、普通の女性っぽい人がいたんです。

こちらのメッセージに対して、ちゃんと返してくれる。

それだけでなんだか嬉しくなってしまいました。

何通かやり取りするうちに、なんと翌日に会わないかと向こうから言ってきたのです。

そのときの本音は「なんだ、やっぱりこの人もなんかの勧誘だったのかな」とまだ疑っていました。

でも勧誘だったらはっきり断ればいいし、ダメで元々と思い、その誘いにイエスと返事しました。

翌日、お互い仕事終わりに会うことになりました。

本当に来るんだろうかと思いながら待ち合わせ場所に向かうと、それらしい女性がいました。

しかもめちゃくちゃタイプ。

まさかなぁ、と思いつつ声をかけると、なんと本人でした。

「こんな可愛い子がまさか。やっぱり何かの勧誘だったかな」とすでにがっかりしていました。

それでも約束通り食事に行くと会話は普通の話題ばかり。

いつ勧誘が始まるんだろうか、と警戒していても中々そんな流れにならないのです。

これはもしかして本当に出会いを求めていた人なのか、と少しずつ期待が膨らんできました。

時間もいい時間になり、お店を出たところで、彼女は「今日はありがとう、またね」と言って駅の方へ歩き始めました。

そのとき私は「この人は変な業者関係じゃない」と確信し、思い切って二件目にバーへ誘いました。

そこで私は洗いざらい事実を話をしました。

素人童貞で彼女がいたこともないこと、業者だと疑っていたことすべて。

すると彼女は笑いながら「かわいいね」と言ったのです。

さらに続けて「じゃあ、私とエッチして今日卒業しちゃう?」と言ったのです。

え、まさかと思い、酔っていた勢いもあり「よろしくお願いします」と言ったのを覚えています。

するとまた彼女はまた笑っていました。

バーを出るとあとは彼女についていき、人生初のラブホテルに入りました。

彼女のリードで服を脱ぎ、一緒にシャワーをして…。

後はご想像にお任せします。

ただ、一つ言えることは出会い系で知り合った女性とセックスした体験談は本当だったということです。

その彼女とは恋人関係ではないですが、ちょくちょく会ってはセックスをしています。
 
 

出会い系アプリのちんこの大きい男性一目ぼれしてセフレになった20代主婦

私は性欲が人一倍旺盛であるにもかかわらず、夫が単身赴任で遠くへ行ってしまい、性欲を処理できず欲求不満状態になってしまいました。

そこで私はいけないと思いながらも、出会い系アプリで男性と会うようになってしまったのです。

出会い系アプリの男性たちは直ぐに私とやってくれ、私は直ぐに性欲を満たす事が出来ました。

初めは出会い系アプリで出会った男性と、一度きりの関係で終わらせていたのですが、ある男性と出会ってからはその男性とセフレ関係となったのです。

私が男性のどこに惹かれてセフレ関係になったのかと言えば、それはズバリ肉棒です。

彼の肉棒は私がこれまで関係を持った男性のどの肉棒よりもたくましく、力強さを感じました。

ですから私は彼の肉棒を始めてみた時に、一目惚れをしてしまったのです。

しばらく彼の肉棒を見ていたのですが、それを過ぎるとしゃぶりたいと言う欲求が湧いて来て、私は無意識に彼の肉棒を口に咥えていました。

それで彼の肉棒が立ったのを確認すると、今度はアソコに入れたいと言う欲求が湧いて来たのです。

そこで私は彼をベッドに寝かせ、馬乗りになって彼のそそり立った肉棒をアソコにむにゅむにゅっと入れたのです。

その後はひたすら上下運動を繰り返し、彼の肉棒をアソコで味わいイキました。

私は彼の肉棒に一目ぼれしてしまったので、これからも彼の肉棒で欲求を満たしたいと思い、セフレに成って欲しいと頼みました。

すると彼は私に頼みを聞いてくれ、セフレに成ってくれたのです。

彼とセフレ関係となってから、私は一目ぼれした肉棒といつも一緒にいる事が出来るようになり、性欲を思う存分満足させられるようになりました。

「20代:女性:主婦」