休日に出会い系アプリから男性と会って割り切りセフレになった

私たち夫婦は共働きで、休日は別々です。

そこで私は休日になると出会い系アプリを使って、男性と会うようになったのです。

出会い系アプリの男性たちは皆気の良い人ばかりで、私は出会い系アプリを使って男性と会う事が楽しくて仕方なくなりました。

そんな出会い系アプリにハマった私は、色々な男性と会っている内に、一人の男性と深い仲となってしまったのです。

男性は夫よりも私の事をよく理解してくれ、とても楽しく話をする事が出来ました。

なので一度話をするだけの関係で終わらず、この後も何度も話す様になったのです。

話しをすればするほど彼に対して好感を持つようになり、更にその気持ちが愛に変わって行ったのです。

彼の方も私の事を愛してくれるようになり、相思相愛に成りました。

こうなったらもう話すだけの関係で留まる事は出来ず、ついに体の関係を持つようにまでなってしまったのです。

しばらくぶりに夫以外の男性抱かれ、私の心は高ぶっていました。

彼の方も心が高ぶっているようで、私の体を激しく愛撫してくれたのです。

それで私たちは、異様な興奮の中、イキ果てたのです。

私たちはこうして、割り切りセフレ関係となりました。

割り切りセフレ関係となってからしばらくの間は、ラブホテルを使って愛し合っていました。

しかしある時家に夫がいないのだから、家で愛し合えばいいんだと思いついたのです。

それからというもの、私は割り切りセフレと自宅で愛し合うようになりました。

夫と一緒に使っているベッドで割り切りセフレと愛し合うのは背徳感があり、それが私の興奮を一層高めてくれ、割り切り相手とのセックスに私はどんどんハマる様になりました。
「30代:女性:パート職員」

出会い系アプリで男を探しセフレ作りする30代主婦

私の夫は仕事が忙しくて私の相手をしてくれないので、バイブを使って自分を慰めていました。

しかしバイブで自分を慰めるのも飽きたので、男性に慰めてもらおうと思い、出会い系アプリを使いだしました。

出会い系アプリには数多くの男性がいて、私の事を慰めてくれたのです。

そんな出会い系アプリで私は、一人の男性と出会ってしまいました。

男性は私の愚痴を嫌がらずに聞いてくれ、いつまでもそばにいてくれました。

出会い系アプリの男たちは大概直ぐに私をホテルに誘ってくるのですが、彼だけはそんな事はせず、私の愚痴を黙って聞き続けてくれたのです。

これまで私はこんな男性には会っていなかったので、何気ない彼の気遣いが私には嬉しくてたまりませんでした。

彼とは何度も会っている内にどんどん私の方が好きになってしまい、或る夜私の方から彼をホテルに誘ってみたのです。

そしたら彼の方が、私をホテルにエスコートしてくれたのです。

ホテルにベッドで彼は、私の体を隅々まで慰めてくれました。

最後に彼が私の中に肉棒を入れてくれたのですが、その快感はこれまでのどの男性たちのモノよりも温かさを感じたのです。

人工物のバイブとは違い、彼の肉棒は如何にも生きていると言う温かさがあり、私のアソコを内側から慰め続けてくれました。

彼の肉棒の温かさに惚れた私は、彼とセフレ関係となり、度々体を重ねる仲となったのです。

セフレが出来てからは、セフレに慰めてもらえるようになったので、夫に相手してもらえなくても寂しくなくなりました。

それどころか私の心はどんどんセフレに惹かれ、今では夫よりも好きになってしまったのです。
「30代:女性:主婦」