無職のダメ人間が出会い系アプリで出会った人妻はかなりの遊び人でした

仕事を辞めてダメ人間の真っ只中である私には僅かな貯金と強い性欲のみが残されていました。

いつものようにパチンコ店でスロットを打っているとポケットに入れてといたスマホが振動を伝えてきました。

スロットを回しながらスマホに目を向けると出会い系アプリからメッセージが入っており、その内容を見てみると同じ年齢の人妻から「今日の13時から15時の間に会えるならエッチOK」という文だったのです。

私はスロットそっちのけでスマホをさくさくと操作して出会い系アプリに文字を入力していきました。

そして見事アポをとる事に成功し、人妻とエッチできる事になったのです。

幸いな事にスロットで14,000円も勝つ事ができたので、ホテル代は余裕で確保できました。

待ち合わせ場所に到着した私は人妻を車内から探し、目印としていたブランド物のバックを持っている女性を探しました。

その女性を見つけて車を近づけると、その女性も私に気づいて挨拶を交わしました。

私がこれまで交際してきた女性とは程遠い上品な人妻でしたが、ホテルへと到着するとその印象は一変する事となったのです。

ホコリ1つ無さそうな洋服を脱ぐと紫の下着が披露され、しかもパンツはTバックでお尻や太ももには多数のキスマークが付着していました。

後に分かったのですが、この人妻は出会い系アプリでかなりの男性経験があったようで、私もその内の1人になれたという訳です。

そうなれば遠慮などないので、私は少々強引に人妻の体を愛撫していき舌のみならず、歯でも人妻の体をいじめてやりました。

人妻は苦しさと気持ち良さの両方の表情で感じまくり昇天したようです。
30代・男性・無職